ボニックとボディカルを徹底比較!どっちが効果あるの?

vs

健康コーポレーションから発売されているEMSマシン『ボニック』と『ボディカル』の違いを見てみましょう。

 

ボディカルの効果と特徴を比較

ボディカル

ボディカルにはボニックにはない4つのローラーがついています。このローラーがエステティシャンのように、凝り固まった脂肪を揉み解します。

それにボディカルにもEMS機能がついているので、1分間に1800回刺激を送り、やせたい部分に直接働きかけることが可能です。

EMSのパワーはボディカルは5段階まで調節できるので、出力の大きさはボディカルの方が大きいですね。

ボディカルにも専用のローションがあります。ボニックと同じように、使うときの効果を高めるためにローションとの併用が必要です。

このボディカルローションはボディカルのためだけに研究を重ねて作られました。オイルフリーなのに、保湿力が高く引き締め効果のある成分が含まれています。

ボディカル単体の料金は、26,000円です。ボディカルにもローションがセットになった定期コースがあります。

この定期コースを申し込むと本体が980円に。ボディカルの定期コースは1種類のみ。ローションが1本ずつ届きます。

定期コースは3回目以降はいつでも解約ができるので、3回目までの支払いの合計は、ボニックジェルが1本ずつ届くコースと同じ15,920円になります。

⇒ボディカルの詳細はこちら

 

超音波と防水機能

ボニック

ローラーがついているので脂肪の揉み解しができるボディカルですが、ボニックにあってボディカルにない機能があります。

ボニックだけの機能、それは超音波機能と防水加工です。

超音波はEMS効果を120%引き出すためにはなくてはならない機能です。超音波の効果で、体のガチガチに固まっている脂肪や筋肉を内側からやわらかくすることで、その後に使うEMSの効果が発揮されます。

体が温まると、血行が自然とよくなり体の代謝能力があります。その時の脂肪は燃えやすく、高いダイエット効果につながります。

またボニックに高い効果がある理由のひとつに、防水加工があるので温かいお風呂で使えることです。

浴室や湯船で体の芯まで温まったあとに、超音波機能で脂肪をよりほぐし、EMSで引き締めることができるボニックは、ボディカルよりもオススメできるダイエットの最良のパートナーだと思います。